ビジネス英語のスキルによって年収に200万円の差

特定サービスの利用者に限った調査ですが英会話が日常会話以下のレベルとビジネスレベル以上の場合で200万円以上の年収差が生まれる場合があるといった資料を見かけました。

日本人で母国語が日本語である場合、英語が話せることは優れた技能であることに間違いなく、ある程度幅広い調査を行った場合も年収に差が生じるケース、職種が多数あると思われます。

もちろん英語力をまったく必要としない業種や企業も多いので単純に英語力と給与の関係が深いとは言えません。

しかし近年は武田薬品のように日本の企業でありながら外国人が経営のトップに就くケースがあります。

今後このような流れが加速する可能性もありますしグローバルな企業に勤めれば英語力は必須で勤め先が海外拠点を開設するなどグローバル化を推し進める場合も英語力が必要になってきます。

このような様々なニーズから大人をターゲットにしたビジネス英会話教材が開発され好評です。

アルクではヒアリングマラソン ビジネス、エスプリラインではスピードラーニング ビジネスなど各社がビズネス向けのコースや教材を取り扱っています

特定の専門用語を覚えて現場で英語圏の人と最低限のコミュニケーションを取ることを目的とするなら比較的短期で目標を達成できますが一言にビジネス英語と言ってもレベルは様々です。

プレゼンテーションや商談、交渉となれば非常にハイレベルな英語力が必要です。

決して短期間で身に付くものではありませんので上のレベルを目指すなら将来を見据えて早めに学習を進めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です