英会話スクールCOCO塾と水泳教室JSSが資本業務提携

英会話スクール「COCO塾ジュニア」や保育、医療、介護関連事業を手掛ける株式会社ニチイ学館と水泳教室大手、JSSが資本業務提携することで合意した。

両社は全国規模の顧客、事業基盤を相互活用することで既存事業、新規事業で協力し更なる地域社会貢献を目指すとしています。

ニチイ学館は英会話スクール「COCO塾ジュニア」、保育園「ニチイキッズ」、介護、医事業務などの医療関連サービス、食品宅配サービスなど多彩な事業を全国展開している企業で子会社にはマンツーマン英会話スクールのGabaも名を連ねている。

株式会社ジェイエスエス(JSS)はスイミングスクール事業を中心にスポーツクラブ、スポーツ用品、設備の企画、販売、運営管理などの業務を行っている。(全国84か所、約10万人の会員)

JSSは優れた指導ノウハウで世界トップクラスの選手を輩出するスイミングスクールのトップ企業。

近年はシドニーオリンピック 女子100m背泳ぎで銀メダル、女子4×100mメドレーリレーでも銅メダルを獲得した中村真衣(現JSSアドバイザリースタッフ)や第90回日本選手権 男子200mバタフライ優勝の瀬戸大也選手、女子100m平泳ぎ、200m平泳ぎ、女子200m個人メドレーで3冠の渡部香生子選手を輩出している。