ローマ字読みせずに英語を発音する|英会話教材比較

我々日本人はローマ字読みに慣れています。

パソコンのキーボードも『か』ならK,A、『ほ』ならH.Oとローマ字入力をしていることでしょう。

そのため、英単語をついついローマ字読みで日本語の音に置き換えようとしてしまう傾向があります。

しかし、英語の音には日本語の音とは一致しない音が多くあるのでローマ字読みで日本語の音に置き換えてしまうと、正しい発音とは異なる音になってしまいます。

スペルを知っている単語でも、スペルからローマ字読みをしてしまっては正しい音を知らない訳ですから、

『知っている単語が聞き取れない』、『単語を口にしても通じない』といったことになってしまいます。

和製英語や、間違った発音で定着してしまっている言葉も多くあり、英語の発音を学ぶことは容易ではありません。

ある程度英語が出来る人でも、間違った発音をしてしまうことはありますし、初心者の方は度々、通じない、聞き取れないといったケースに遭遇することでしょう。

しかし恥ずかしがったり、めげたりせずにどんどん英語を話して発音の練習を積みましょう。

2007.2.9

次のスピーキング教材もおすすめです。

英会話教材比較のトップに戻る