英単語について|英会話教材比較

英語にはリスニングスピーキングリーディングライティングといった要素がありますが、これらすべての要素に関わってくる欠かせないものがあります。それは英単語です。

英単語そのものの意味を知っていなければ、会話は成り立ちません。また、ある程度の文法を知っていても、知らない単語ばかりが並んでいたら、英文の意味を読み取ることはできません。

最低限の意思の疎通を図るには1000から2000語の英単語を覚えている必要があります。英単語を覚えることは英会話の習得に避けては通れません。

また、英単語は正しい発音で覚えることが重要です。スペルや意味を覚えていても、発音を正しく覚えていなければ、会話の中で聞き取ることも、相手に言葉として伝えることも出来ません。

英単語に限ったことではありませんが、覚えていてもしばらくすると忘れてしまい、「あれ?この意味なんだっけ・・・」といったようなことがしばしば起こります。

物事を覚えるには記憶が定着するまで繰り返す、反復練習が大切です。英会話、英単語のマスターにはやはり、継続的な学習が必要です。

英単語対策

2006.11.7

英会話教材比較のトップに戻る