英語を恥ずかしがらずに口にする|英会話教材比較

コミュニケーションをとるには相手の言葉を理解すること、相手に言葉を伝えるスピーキングが必要です。

ネイティブとの会話の際、英語に苦手意識があるとどうしても、恥ずかしかったり、間違えそうと尻込みしてしまったりすると思います。

しかし、恥ずかしがることはありません。母国語が英語ではないのですから、うまく話せなくて当たり前と思ってどんどん英語を使いましょう。

積極的に英語を話す

英語を積極的に話すことが上達の近道だと思います。うまく表現できなければ、単語の羅列でも構いません、積極的に話しましょう。

積極的に話す姿勢で接すれば、相手も理解しようと意識を向けてくれます。そして、なんとなく意思の疎通が図れるはずです。

しかし、焦ってしまって普段の力の半分も出せないかもしれません。英語でコミュニケーションをとるのは慣れも必要ですし、普段の学習の成果をうまく反映させることもなかなか難しいものです。

自分のヘタな英語を恥ずかしがらずに話す勇気が英会話の上達には必要です。

2006.11.17

次のスピーキング教材がおすすめです。

英会話教材比較のトップに戻る