子供の早期英会話教育におけるメリット、デメリット

近年、子供の英語教育について悩む親御さんが大変増えているように思います。

子供には英語を話せるようになって欲しい。
将来のために、英会話を習わせたい。
留学すれば、英語をマスター出来るだろうか。など様々な思い、考えをお持ちのことと思います。

幼少からの英語教育を英語でのコミュニケーション、英会話を目的とする場合、幼少のころから始めた方が発音や、将来の英語に対する理解はより深いものになるでしょう。

幼少時からの英語教育が将来の受験に役立つだろう、といった目的の場合はどうでしょうか。一般的に、子供の英会話スクールは楽しみながら英語でコミュニケーションをとるといったスタイルです。

受験に必要な文法、読み書きは行いませんので、受験の為に英語を学ぶ場合は、勉強として英語を理解出来る、小学校高学年くらいからでも良いと思います。

早期からの子供の英会話、英語教育のメリット

子供は大人とは比べ物にならないほどのスピードで英語を吸収します。

例えば小学生の6年間を海外で過ごした子供は、大学入試試験を簡単に解いてしまったり、発音もネイティブにより近いものになります。

将来、海外で仕事をする、英語でのコミュニケーション、英語圏での生活に困らない英語力が身に付くでしょう。

また日本語には多くのカタカナ英語が存在します。子供は初めて英語として覚えた単語はすぐにすばらしい発音をマスターします。

逆に、カタカナ英語を先に覚えた単語はなかなか、英語の発音が出来ず、練習してようやく発音を覚えます。

私たち人間の脳は生まれてから、10歳前後までに聴いてきた音を言語であると認識すると言われていますので幼少からの英語教育には多くのメリットがあります。

早期からの子供の英会話、英語教育のデメリット

多くのメリットがある反面、デメリットもあります。

幼少のころから海外で過ごした子供は日本人が日本語を覚えるように英語を覚えますが、日本語を忘れがちになってしまいます。

将来、日本で生活する場合、日本語は必須ですから、日本語を学習しなければなりません。

一方、小学校高学年から海外で生活すると日本語での会話はマスターしていますから、英語で苦労します。

学校生活が英語ですと、勉強にも、友達とのコミュニケーションにも英語が必要なので、かなりのスピードで英語を覚えますが、子供にとって大きな負担であることは間違いありません。

一般的に帰国子女は英語がうまくて当たり前といった見られ方をする場合が多いのですが、本人たちは日本で普通に生活していたら経験しない苦労を乗り越えて、語学を身につけているのです。

子供の英語教育にはさまざまなメリット、デメリットが存在し、子供たちにも努力が必要で、大きな負担になることを忘れずに教育方針を検討してください。

子供の早期英会話教育におけるメリット、デメリットに関連したページ

2006.11.14

英会話教材比較のトップに戻る