英会話「NOVA」に一部業務停止命令 | 英会話ニュース

「駅前留学」で知られる英会話学校最大手「NOVA」が13日、経済産業省から1年を超える新規の長期契約について、6か月間の業務停止命令を受けた。

曜日や時間帯によっては予約がとりにくいケースがあるにもかかわらず、新規の契約時にはいつでも自由に予約が取れるかのような説明を行っていた行為が「不実の告知」などに当たると判断された。

短期契約、契約済みの授業は業務停止命令の対象外のため、契約の残っている授業は継続して受けることができる。

「NOVA」(大阪市)の猿橋望社長は会見で「処分を厳粛かつ真摯(しんし)に受け止め、生徒の方々におわび申し上げます」と陳謝した。

同社には中途解約時の返金、清算方法や予約が取れないなどの苦情が全国の消費者センターに寄せられている。

この英会話ニュースに関連したページ

英会話教材比較のトップに戻る