京都・城南高が京都大と英語教材開発 | 英会話ニュース

城南高(宇治市)は、地域の文化を英語で紹介できるようになることを目的として、オリジナルの英語教材を開発。教材は同学科の授業に活用し、改良を重ねるという。

教材開発は今年度、同高が教養科学科を新設したのを機に企画された。

教材の内容は伝統文化などを題材にしたテキストとCDでテキストは5章計101ページ、英語と日本語の文章を併記。

CDは音声の速度を選んで聞くことができる。

2007年6月20日 読売新聞

この英会話ニュースに関連したページ

英会話教材比較のトップに戻る