英語重要だが76.0%は何もせず | 英会話ニュース

多くのビジネスマン、OLは英語能力を重要と考えながら、76.0%が英語力を養うための対策を何も行っていない。

国際ビジネスコミュニケーション協会が実施したアンケートからこのような結果が出た。

自分の意思を相手に伝える発信型英語力が重要と思う人は65.8%で、聞いたり読んだりして理解する受信型英語力の34.2%をおおきく上回った。

ところが発信型英語力を養うため日々行っていることは特にないが76.0%でトップ、英語の話せる友人や恋人をつくるが9.0%、英会話学校に通うは4.0%だった。

この結果は同協会がインターネットを通じ、仕事を持つ20~30代の男女計400人から回答を得たアンケート結果によるもの。

この英会話ニュースに関連したページ

英会話教材比較のトップに戻る