公立小の99%が英語の授業を実施 | 英会話ニュース

文部科学省の調査によると公立小学校の99%が小学5、6年で外国語の授業、活動を実施していることが分かった。

以前からクラブ活動などで英語活動を行うケースは多く見られたが最近は 新学習指導要領で英語の授業週1コマが必修になるためその先取りとして正式に授業として英語を学ぶ学校が増えている。

年間35コマ(週1コマ程度)の授業を実施いている学校は54%、36コマ以上という学校も4%と6割の学校ですでに週に1回以上の英語の授業が行われている。

最近は幼稚園などでも英語を教える所が増えている。

この英会話ニュースに関連したページ

英会話教材比較のトップに戻る