大学入試センター試験 | 英会話ニュース

16日に行われた大学入試センター試験の英語リスニングで今年もトラブルが発生した。

181会場で224人がICプレーヤーの不具合により再テストの対象となった。

また、信州大では監督者のミスにより試験開始が14分早くなるトラブルがあったほか、北見工業大では1時限目、公民の試験中に、2時限目、地理歴史の問題訂正を板書するミスがあった。

長野県では踏切事故、北海道では大雪のため交通機関が乱れるなどしたため試験の開始時間を繰り下げる措置がとられた。

30、31日に実施される大学入試センター試験追試の受験許可者数は972人で509人はインフルエンザ、類似症状によるもので追試許可数972人は過去最多人数。

この英会話ニュースに関連したページ

英会話教材比較のトップに戻る