千葉県松戸市「5年間英語」実施 | 英会話ニュース

千葉県松戸市は従来、中学の3年間で学んでいた英語を小学5年生から中学3年生までの5年間で学ぶ「5年間英語」を4月から実施する。

小学5年から6年生の間で400の英単語を身につけることで苦手意識をなくし中学3年間で学ぶ英単語の定着率向上を図る。

「5年間英語」は松戸市教育委員会が開発した独自の教材を使い毎日10分から15分実施、月に1回、外国語指導助手による指導も行われる。

市教育委員会が開発した教材はパソコンの画面に英単語とイメージ画像が表示され、その単語の発音が再生されるしくみ。

画像を見ながら復唱することで英単語の正しい発音と意味を理解する。

2011年度から小学校5、6年生の「外国語活動」が必修となるが松戸市の「5年間英語」はその一環として試験導入されている外国語活動の授業時間を使って実施される。

この英会話ニュースに関連したページ

英会話教材比較のトップに戻る