スピードラーニング英語とビジネスどっちを選ぶ?

スピードラーニングを始めたいと考え調べていると最もメジャーな英語以外にキッズ、ジュニア、ビジネス、デジタル(英語とジュニアのみ)のコースがあることで迷うケースがあります。

0才から6才の子供ならキッズ、小学生、中学生ならジュニアですが、大人の場合は英語の通常版・デジタルもしくはビジネスを受講することができます。

英語を受講予定で通常版とデジタルでお悩みの場合はスピードラーニング通常版とデジタル版のどちらが良い?をご覧ください。

このページでは英語とビジネスどちらにしようか?をテーマに解説します。

ビジネスをお勧めするケース

すでに社会人でビジネス英語を必要としている場合、近い将来、海外取引や外国人の上司や部下とコミュニケーションが必要な場合はビジネスをお勧めします。

「英語コースより難しい用語や内容でついて行けないのでは・・・」と英語コースを始めようと思われるかもしれませんが、英語力に自信がなくてもビジネスを初めてみてください。

意外と簡単な単語や言い回しで表現できること、電話対応やプレゼン、会議など実践的なシーンを想定しているので各業界での専門用語を押さえておけば、仕事をスムーズに進めるための英語力が身につきます。

スピードラーニングビジネスは1年で英語で会議ができるレベルを目指すコースです。英語コースは48巻に対し、ビジネスは1ヶ月1巻の12巻 1年間の受講期間でビジネスシーンにのみフォーカスした内容を学習できます。

内容、タイトル一覧、価格はこちら

また、ビジネスにはシーンごとのセンテンスを口に出して練習できるシチュエーションパートナーCDが付いています。
シチュエーションパートナーはビジネスのみに含まれるスピーキング教材です。

英語コースをお勧めするケース

将来、英語を必要とする企業や海外で仕事をしたいと考え、ビジネスコースと英語コースで迷う場合があると思いますが、ビジネス英語を必要とする日が直近、1年後に迫っているような場合を除き、英語コースをおすすめします。

通常の英語コースで日常会話やショッピング、食事、文化の違い等を楽しみながら英語学習を初めてみてください。

ビジネスコースは仕事の場面に特化しているのでご自身が身を置く業種が決まってから、専門用語と合わせた学習が効果的です。

無料体験や試聴用CD、お申込みの手順について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>