オンライン英会話のレアジョブがマザーズ上場

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」を運営する株式会社レアジョブがマザーズ上場の承認を受けた。上場予定は6月27日で主幹事証券会社は大和証券。

レアジョブが展開している「レアジョブ英会話」は優秀なフィリピン人講師とマンツーマンでオンライン英会話レッスンが受けられるサービスで2014年5月現在、会員数は20万人を超えている。

レッスンにはスカイプを利用します。スカイプ(Skype)はP2Pを用いた無料の通話、ビデオ通話が行える通信サービスでインターネット環境とパソコンがあればスカイプを使っている相手と無料で通話が行えます。

 講師は合格率7%未満の審査を突破し独自のトレーニングを受講、修了できた講師のみがレッスンを行っています。

審査では書類選考から英会話力の審査(語彙、発音、文法など)、適正審査で講師としての適性を見極めます。

トレーニングではマンツーマン英会話のレッスンを行うための技術を指導、使用する教材についても理解し受講者に適したレベルの教材を選べるようにしています。

また、受講者からの感想、評価をフィードバックして講師のスキルアップ、サービス向上に生かし高品質なレッスンを実施しています。

 料金は月額の定額制で毎日25分で月額5800円のプラン、月8回のプラン、毎日100分のプランなど自分のペースに合わせて選択できます。

1レッスンあたりの料金は129円~でマンツーマン英会話レッスンとしては非常にコストパフォーマンスの高いサービスとなっています。

レッスンの受講は朝6時から深夜1時まで、5分前予約が可能でパソコン、スマートフォン、タブレットを使って外出先や旅先でも受講できます。

レッスンに使うテキストは目的に合わせて多数あり、無料で使うことが出来ます。

講師陣はフィリピン人ですが日本人によるサポートセンターもあるので日本語での問合せも安心です。

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」に関連したページ