スピードラーニングビジネスの効果的な学習法と受講中のサポート体制

スピードラーニングは「聞き流す」の広告、CMでお馴染みですがスクリプト(英文と日本語が記載された本)がついているので読み、書きの学習にも使用できます。

また、スピードラーニングビジネスには聞き流しながら口に出して練習できるシチュエーションパートナーというCDが付いているので聞く、話す、読む、書くを総合的に学習することができます。

学習法

学習のスタートは「聞き流す」からです。

単語や文法の暗記ではなく、英語を聞いて聞き取ることができる英語耳を養います。無料の受講者向けアプリを利用すれば通勤の移動時間など隙間の時間で効率的に学習することができます。

スピードラーニングは最初からではなく、どこから聞き始めても大丈夫です。同じ所を繰り返し聞くとより効果的です。

 まずは Disc 1 English – Japanese 英語→日本語の順で音声が収録されたCDから始めます。

英語の後に日本語、英語、日本語と交互に収録されているので辞書がなくても内容、ストーリーを理解することができます。

 Disc 1の6割から7割くらいの内容が解ったら Disc 2 English Only 英語のみが収録されたCDを始めます。

英語を英語のままで内容を理解でき学習効果が実感できます。

口に出して練習したいときは Disc 3 Situation Partner シチュエーションパートナーを使用します。聞く(インプット)と口に出す、話す(アウトプット)の練習を繰り返すことで学習効果が高まります。

その他に Disc 2 English Only 英語のみが収録されたCDを使ってシャドーイング(収録音声から少し遅れて発音をマネして影のように付いていくトレーニング)やディクテーション(音声を聞いて内容をそのまま書き出す学習法)に利用することもできます。

 受講中のサポート体制

販売元のエスプリラインにはスピードラーニングビジネスに関する疑問や相談、教材の進め方のアドバイスを受けられるサポートセンターが開設されています。

目標を達成するための提案や自分に合った学習の進め方をアドバイスしてもらえるスピードラーニングOZカルテやアドバイザーへの相談、月2回までの無料の電話英会話レッスンなど充実のサポート体制が完備されています。

また、役立つ英語表現や外国人とのビジネス体験談などが満載の無料情報誌「BIZPedia」(ビズペディア)や受講者のインタビューや体験談、お得情報を掲載する隔月発刊の会報誌「ESPRIT CLUB」、ワンポイントアドバイスやモチベーションアップ、維持に役立つサポートメールも配信されています。

スピードラーニングビジネスの効果的な学習法と受講中のサポート体制に関連したページ

スピードラーニングのトップへ戻る